雨の八幡平も最高~岩手スポーツ祭典ウォーキング

 新日本スポーツ連盟岩手県連盟と盛岡ウォーキングクラブ共催の「岩手スポーツ祭典・八幡平ウォーキング」が2013年9月1日に行われ20名が参加しました。
 この日の天気は、時折小雨の降るあいにくの天気で雨具をつけてのウォーキングとなりました。
 黒谷地湿原入口で、開会式とストレッチ体操を行い「花に見とれると危険、足元に注意して歩こう」などの声を掛けあってスタート。湿原は草紅葉が始まり、登山道沿いには、アカモノやベニバナイチゴが赤い実をつけ、リンドウ、アキノキリンソウ、アザミなどの花が咲き、雨に濡れいっそう鮮やかに見えました。
 1時間半ほど歩き、八幡沼の陵雲荘(避難小屋)で昼食、みんなが持ち寄った漬物、果物を食べながら、近況報告やレシピの交換をしながら交流。八幡平頂上(1613m)で写真撮影して無事に全員が歩ききったことを喜びあいました。
 下山後は、近くの温泉で入浴、産直で買い物をして帰りました。参加者は、「濡れた八幡平もすばらしい、みんなと食べた昼食はおいしかった」「最高の日・・」などの感想をのべていました。