スポーツ連盟和歌山県連盟が県スポーツ課と懇談会を開催

2017年10月25日、和歌山県庁で、県スポーツ課の方とスポーツ行政についての懇談を行いました(県とは2回目)。出席者は 、県側からは 和歌山県教育庁生涯学習局スポーツ課・企画振興班長から2名、 スポーツ連盟側は4名、和歌山県議会の雑賀光夫議員が立ち会ってくれました。
 
懇談に先立って、スポーツ連盟から「スポーツに関する要望書」を提出していたので、それに答える形スポーツ関係予算やスポーツ施設の利用状況・指定管理者選定・施設利用者アンケートなどの分厚い回答書を用意してくれました。
 
和歌山県施設の利用率ほぼ90%以上とのこと。指定管理者の選定・施設運営評価については、各施設ごとに素晴らしい資料が作成されていました。
 
我々として、一番実現させたい「施設利用料の減免措置」については、「これまでもなかったし、これからもその可能性は期待できないと」の回答でした。この件は、今後も県との懇談を通して気長に交渉していく必要がありそうです。
 
国体後の大きなスポーツイベントは、2019年ねんりんピック紀の国・2021年ワールドマスターズゲームズ関西が予定され、そのパンフレットをいただきました。
 
その他、県独自の健康に対するサービスとして、正しいラジオ体操の指導員を無料で派遣してくれるという話がありました。この件はインターネットで「県政 お話講座」で検索すれば内容がよくわかるので利用する価値はありそうです。私も実際検索してみましたが、ラジオ体操以外にもスポーツ振興計画の講座等もあり、無料行政サービスとして利用価値があるような気がしています。
 
このような内容で約1.5時間弱の懇談を終了しました。具体的な進展はありませんでしたが、このような懇談を続けていくことこそスポーツ行政を動かす力になっていくはずだということを、懇談後の反省会で確認し合いました。