地元に親しまれた手作りの大会―第26回わかやま新春マラソン大会


2020年1月12日、小雨が降るなか、第26回わかやま新春マラソン大会が紀ノ川河川敷往復コースでスタートしました。ボランティア72名、ランナーエントリーは219名です。兵庫、岡山、徳島と和歌山県外からのランナーも多く、「遠来賞」は北海道から参加した方です。

2kmは、兄弟、親子参加が多く、小学1年生初めてのマラソン大会でお父さんと頑張って走りました。10kmは、地元のクラブの方が新年走り始の大会行事として楽しまれています。ハーフマラソンは、2月のフルマラソンに向けての練習として参加される方が多いです。
 
和歌山ウォーキングクラブのメンバーが作る具だくさんの豚汁は「毎年おいしい」と喜ばれています。果樹園農家のランニングクラブ員からみかんの差し入れがあり、小規模ですが温かい地元に親しまれた手作りの大会を26年続けることができました。