男女ともに初出場初優勝!―2019年度6人制男女全国バレーボール大会

2019年11月9日(土)~10日(日)にかけて、愛知県名古屋市内の3会場(日本ガイシスポーツプラザ、守山SC、稲永SC)で6人制男女全国バレーボール大会が行われました。男子は36チーム、女子は23チームの参加があり、14の地域から強豪が集い、熱戦が繰り広げられました。
 
男子1日目は、昨年優勝のBREZZA(静岡)と同じく昨年準優勝の学館OB(新潟)が1次トーナメントで激突。昨年の決勝の再現となり、どちらも負けられない戦いとなりましたが学館OB(新潟)がストレートで勝利し、昨年の雪辱を果たして二日目へ繋げました。
 
女子は昨年優勝のPRINCESSは王者の貫録で1セットも落とすことなく2日目の決勝トーナメントへコマを進め、準優勝だったPIXIEは予選リーグで負けるも敗者復活から勝ち上がり、こちらも2日目の決勝へコマを進めました。
 
2日目の男子準決勝まで勝ち残ったのは、昨年の準優勝学館OB(新潟)にストレートで勝利し、予選から1セットも落とさず勝ち残ってきた初参加の芳賀クラブ(埼玉)vs同じく初参加のみのきち(大阪)の組み合わせと、決勝には2度目のTENKAI(埼玉)vs予選から安定した強さを見せた兵庫PAOPAO組の組み合わせとなりました。そして決勝に勝ち残ったのは芳賀クラブ(埼玉)とTENKAI(埼玉)の埼玉決戦。
 
決勝戦1セット目は、終盤まではどちらも譲らない展開で試合が進みましたが、1セット目は芳賀クラブが25-22で勝ち取りました。2セット目はTENKAIも途中から流れを掴み25-21で1セットをもぎ取り、唯一芳賀クラブに土を付け、どちらが勝つかわからない試合運びとなりました。そして運命の3セット目は序盤から芳賀クラブが先行しTENKAIを寄せ付けず25-20で勝利し初出場初優勝を手にしました。
 
そして女子の決勝は、Anges(神奈川)vsはりそん(大阪)の組み合わせとなり、どちらも初出場初優勝のかかった試合となりました。試合はいずれもAngesが試合の主導権を握る展開となり、25-18、25-21と危なげない試合運びで、見事、初参加初優勝を果たしました。
 
▼男子対戦結果

Download (PDF, Unknown)


▼女子対戦結果

Download (PDF, Unknown)