さいたま復興支援ミックスバレーボール大会でチャリティー

 2011年12月10日、埼玉県・さいたま市与野体育館にて「復興支援ミックスバレーボール大会」が開催されました。吐息が白くなる寒さの中、会場はかなり冷え込ましたが、参加した8チームは笑顔で楽しんでくれました。
 お昼の休憩には復興支援ということで、新鮮『採れたて野菜』と巷で人気の『スイートポテト&アップルパイ』の販売が行なわれました。埼玉・伊奈の農家より仕入れた野菜は市場を通していないので、本当にみずみずしく、参加者にも好評でした。
 テレビで注目されていたお菓子は、スイートポテトは砂糖を一切使わないお芋本来の甘さが生きた1品(横浜のPetit)で、アップルパイは酸味があり甘さ控えめの大人の味(横浜のTOAST)。この大会を運営した並木さんのおすすめだった2つのお菓子は全て売り切れ。この売上と参加費の1部は被災地の方に送られます。
 さて、続けて行なわれたジャンケン大会。商品はお米や盛りだくさんフルーツの他、1位はいちご狩りバスツアー。いちご狩りの他、アウトレットモールをまわったりできるスペシャルなチケット。みなさんだんだん燃えてきました。ジャン、ケン、ポーン!ポン!ポン!ポーン!
 今大会はハイレベルな大会ではありませんでした。でも下手な人も上手い人も関係ない。みんなで楽しめば良いじゃないか。そんな空気でいっぱいでした。参加した方には笑顔が溢れていて。ある人は「本当に楽しかった。(この大会を開いてくれて)ありがとう」という声も。バレーボールだと身長の高さが絶対的に必要とされますが、改めてミックスバレーボールは絆さえあれば他に何もいらないんだ。そう感じました。できるだけ試合を多くして楽しんでもらおうと、どのチームも3試合(多いチームは4試合)できるように開催された今大会は大成功に終わりました。(文=一柳英男)