HISTORIA(大阪)ファイナルへ?サッカー西日本大会

 2011年11月6日、大阪・舞洲運動広場球技場にて第19回全国サッカー大会西日本大会が開催され、 兵庫・大阪・和歌山から選出された4チームが参加しました。心配された天候も、小雨がパラパラと降っただけに留まり、グラウンドコンディションもそんなにも悪くならずにすみました。朝一番のグラウンド・本部設営も本部係、審判団のみならず、参加チームまでもが手伝ってくれ、手際よくできました。『いつでも、どこでも、だれでも』このすばらしいモットーを実現させるには、「影ならぬ努力が必要」という事をみんな理解してくれていると感じました。
 試合のほうは、兵庫・和歌山・大阪の3府県の各協議会で予選を勝ち抜いてきた4チームによる本戦と、兵庫・大阪の2チームによる交流戦。また、審判団は関西の上級審判資格者を揃え、研修を兼ねて行ないました。4試合ともレベルの高いゲームで、一日中本部に張り付いて観戦したが見応えのある試合でした。結果は大阪代表のHISTORIAが優勝し、11/27に千葉で行われるファイナル大会出場が決まりました。HISTORIAにとってはアウェーではあるが、西日本の雄として、東日本代表に苦汁を呑ませてやってきてほしいと思います。
 最後に、選手たちに大きな怪我なく無事大会を終えられたことにほっと胸をなでおろし、そして運営を支えてくれた本部係と審判団の方々に感謝いたします。(植山良和・全国サッカー協議会)
▼結果
第1試合 UOZUMI(兵庫) 3-0 帝陵クラブ(大阪)
第2試合 HISTORIA(大阪) 5-0 aficion(和歌山)
交流戦 JAMMING. FC(兵庫) 0-0 empieza(大阪)
※ 連盟登録チームで、兵庫スポーツ祭典2位と大阪スポーツ祭典3位チームの対戦
決勝戦 HISTORIA(大阪) 4-0 UOZUMI(兵庫)