中学生チームの交流野球大会を開催~岩手野球協

P1083210374.jpg2015年4月11~12日、岩手県北上市岩崎球場・奥州市江刺中央公園野球場・花巻市東和球場などで「第2回北東北地区中学生選抜交流野球大会」が開催されました(主催:新日本スポーツ連盟岩手県野球協議会)。青森・岩手・秋田・宮城の中学校、23チームがエントリー。初日はあいにく雨のため中止となりましたが、2日目に8ブロックに分けてのブロックリーグ戦を実施しました。

↓大会結果 「第2回北東北地区中学生選抜交流野球大会」
http://www.njsf.net/info/recent/docs/150412iwate-baseball.pdf

新日本スポーツ連盟岩手県野球協議会では、毎年春と秋に中学生を対象とした野球大会を開催しています。春は4月中旬頃に北東北3県を対象とした「北東北地区中学生選抜交流野球大会」、秋は東北全県を対象とした「東北地区中学生新人交流野球大会」を開催しています。


今年でいずれの大会も第2回目となりますが、大会を開催するきっかけは岩手県内では中学生を対象とする大会が少ないこと、また広域的なチーム同士の交流、そして最終的にはチーム力の向上と野球マナーの徹底を目的に協議会で検討し開催する運びとなりました。昨年の秋の大会、そして今年の春の大会には東北各県からそれぞれ24チームが参加し、熱戦を繰り広げました。

□□□ 岩手県野球協議会の活動 □□□
2011年3月11日の大震災により、東北各地(特に沿岸部)は大きな被害を受けました。当協議会が拠点とする内陸部は、さほどの被害はありませんでした。当協議会としては、沿岸部に対して大きな支援や協力はできませんでしたが、当協議会所属の各チームの皆さんは個人的にボランティア活動や物資の供給、また沿岸部の野球チームへの用具提供などを行いました。当時は震災後、燃料の確保、食料の確保など約1カ月程度は普段の生活からかけ離れたため、実際に野球活動を始めたのは5月、6月頃からでした。

ただし、沿岸部が大きな被害を受け、避難生活をしている中でリーグ戦を行うことは非常に心苦しい部分もありましたが、野球を通じて輪を広げて何かの復興の役に立てればと思い活動しました。

□□□ 全国の皆さんへ □□□
岩手県野球協議会は、年間を通じてのリーグ戦、また各種大会への参加、そして野球の普及活動など年間を通じて活動しています。特にも東北北部の地域ですので、冬は雪も積もり、グランドで野球活動はできない地域ですが、その分春先に向けた各チームの活動、そして正確なジャッジを目的に講習会等を行う審判部の精力的な活動が当協議会を支えております。

各チームは各種大会で全国大会出場を目標に活動しており、所属各チームのレベルも上がっています。東北各県の野球協議会、また全国の野球協議会のチームの皆さん、ぜひ岩手のチームと交流をお願いいたします!!