反核訴え32kmを走破~6・16京都平和マラソン

2019年6月16日(日)、大山崎町役場前から京都市役所前までの約32kmのコースを核廃絶と平和を訴えてランナーたちが駆け抜けました。核兵器禁止条約は、現在70か国が調印(内、23か国が批准)し、世界は核兵器の全面禁止に向けて着実に前進しています。日本国内でも、日本政府に条約への参加・署名・批准を求める意見書決議が374自治体にのぼり、核兵器禁止への流れは確かなものとなっています。

10時に大山崎町役場をスタートしたランナーは、沿道から大きな声援を受けながら、15時45分に京都市役所にゴールしました。今年は、小学生4人を含む40人(内、10人は運営)の参加があり、今までにない新しい人たちにも取り組みが広がりつつあることを感じられる平和マラソンでした。