仏・韓・日3ヶ国で討論~国際シンポジウムを開催

12239968457660121.jpg 2015年11月7日、東京・北とぴあにて「新日本スポーツ連盟創立50周年記念国際シンポジウム」が開催されました。韓国とフランスの市民スポーツ団体を招き、「豊かで平和な生活のために―スポーツ運動が求められているもの」というテーマで討論。4人の発表の後、熱い議論が交わされました。
1223494.jpg FSGT(フランス労働者スポーツ・体操連盟)のエマニュエル・ポネ・ウラルディさんは「スポーツをする権利のためには、たたかい続ける必要がある」と発言。スポーツ文化の遺産を生かし共有するとともに、市民を連帯のグローバル化、人権の尊重に参加するよう貢献したいという意志を語りました。
 韓国体育市民連帯のチョン・ヨンチョルさんは、「スポーツはたった一人の勝者を量産するように機能し、人権は誰でも勝つように動作する。だから、スポーツと人権の出会いは、ギクシャク感がある」とユニークな説明を展開。ラグビーの”ノーサイドの精神”のように、平和に向けた絶え間ない前進が必要だと説きました。
12243021n.jpg フリーディスカッションでは、会場からオリンピック・パラリンピック問題を中心に、多くの発言があり、盛り上がりました。
 参加者からは「とても有意義な時間で、勉強になった」「チョン・ヨンチョルさんの話は、現在我々がスポーツを純粋に楽しめるのも、先人の不屈の精神によって勝ち取ったもので、これもうっかりすると我々の手からこぼれてしまうと感じた」「新しい考え方も必要だが、”いつでも、どこでも、だれでもスポーツを”の精神は常に心に留めておかなければいけない」などの感想がありました。
1224325n.jpg




ARCHIVES
各地の大会行事での新型コロナウイルス感染症対応について(2020.03.31)
新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、「全国一律の自粛要請をおこなうものではない」が、「全国的スポーツ、文化イベント等については、 今後2週間は、中止、延期……

第34回定期全国総会開催延期について(2020.02.27)
新日本スポーツ連盟第34回定期全国総会は、3月14日、15日の日程で招請し、必要な諸準備をすすめてきましたが、新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大する事態を踏……

台風19号被害への義援金について(2019.12.28)
2019年10月、東日本広域に記録的な大雨をもたらした台風19号による被害は、甚大なものとなりました。被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。新日本ス……

【第33期顕彰】30年または50年以上在籍クラブを表彰(2019.10.30)
今期も、長きにわたり新日本スポーツ連盟で活動を継続してきたクラブを顕彰する取り組みを行います。今回は、30年または50年以上スポーツ連盟に在籍しているクラブが対……

顕彰クラブ一覧(在籍30年以上の加盟クラブ)(2019.10.21)
新日本スポーツ連盟は、さまざまな困難にあいながらも、地域に根をはったスポーツ活動を粘り強く続け、発展を遂げてきました。その原動力となったのは、スポーツ連盟を支え……