「ソフトボール大会」で種目・地域を超えた交流を~東京

 2010年5月9日、板橋区・徳丸ヶ原公園野球場にて「地域連盟交流ソフトボール大会」が行われました。板橋区連盟の上野敏雄さんの提案により実現したこの大会は、地域や種目の垣根を越えて連盟員同士の交流を深める目的で開催。初めての企画だったのですべての種目や地域に声をかけきることはできませんでしたが、当日は地域連盟や、都連盟の役員を中心に30名以上が徳丸が原公園野球場に集まりました。
 五月晴れの爽やかな晴天の下、「ナイスプレー!」「かっとばせ―!」と歓声が響きあい、スポーツ連盟の仲間たちと共に汗を流して交流することができました。
 第1回目はソフトボールを行いましたが、「子供も、女性も一緒に楽しめたのが良かった。」「普段は個人競技をしているのでソフトボールはみんなでカバーしたり、盛り上げたりするのが良かった。」とみんな大満足でした。また、フェアプレイで行う事を強調し、メンバーが足りなくなったチームには他のチームが助っ人で入るなど、和やかな雰囲気で行われ、本当に楽しい一日でした。参加者からは「こういう企画を今後も行いたい」という声が多数聞かれました。