第7回よこはまビビチタ 桜満開の中で開催

1321fasd321f32a132f1as.jpg 2016年4月3日(日)に第7回よこはまVIVICITTA’(ビビチタ)が新横浜公園で桜満開の中で開催されました。参加申込者数は1km部門が14名・3km部門が19名・12km部門が91名と総勢124名と若干さみしい大会となりました。
11313131321.jpg※ビビチタとは、平和を愛し、相手を思いやる心を持ち、健康の促進を望み、そして環境保全のために走る「世界同時マラソン」です。
 昨年は12kmのレースの時に雨模様となりましたが今年もあまり良くありません。レースは予定通り10時に最初の1kmが「VIVICITTA’」の掛け声とともにスタートが切られました、1着でゴールテープを切ったのは3年連続で参加している野毛裕貴選手でタイムは5分53秒でした。
121321321321.jpg 10時15分に予定通り12km部門が「VIVICITTA’」の掛け声とともにスタートです。5分後に3km部門がスタートです。この頃になると雲が多くなり雨が降り出しそうになってきました。案の定短い時間ではありますが雨が落ちてきました。そうこうしている間に3kmの1着の水谷誠也選手がゴールですタイムは11分07秒です、3kmの選手が全員がゴール後12kmの1着の渡邉達樹選手がゴール。タイムは45分26秒です。
3211564321321.jpg 表彰は3km部門が男女とも3位まで、12km部門が6位までが表彰です。レースが終わる頃には日差しも出てきて久しぶりの花見を選手とできました。来年は新たな思考を凝らして、300人規模が参加できる大会になるようにしていきます。