アットホームに30km走破 第35回三重マラニック

321456321321321.jpg 例年開催のマラニックは、スタートとゴールが同じで温泉があることや駐車場があること車の通行量が少ないを条件で開催地を模索しています。今年は伊勢平野をはなれ伊賀の大山田さるびの温泉をスタートゴールにきめ、5月4日コースの下見を行いました。
 地図上での検討で一周を予定し現地を自転車と自動車で下見をしたところ、数年前にあった集中豪雨の傷跡が意外に大きく、給水の為のサポート車の通行が不可能な個所があり、やむなく折り返しコースに変更しました。今回のコースはアップダウンが厳しいため、参加者は昨年の三分の一の11名しかありませんでした。来年は平坦なコースで距離は35km~40kmにのばして実施を考えています。
 2015年6月7日に実施した今回のコースは、さるびの温泉をスタート。約4km標高差230mの蝙蝠峠の登り坂、峠の頂上で1回目の給水、ここから下り坂4kmを駆け下ります。2回目の給水とキュウリに減塩味噌をつけて食べ名阪国道をくぐり旧25線を加太までのほぼ平坦な4.4キロメートルの道を走り、3回目の給水とトマトを食べ3.3キロメートル標高差200メートルを駆け上り柚之木峠で昼食休憩。
 ここからは来た道を下り亀山森林公園で4回目の給水とバナナを食べ、蝙蝠峠の登り口で登り坂に備え5回目の給水をとり320メートルの登り坂に挑み峠の頂上で6回目の給水給食、さるびの温泉に向かって一気に駆け下り、全員到着を待って今回のマラニックは終了、参加者は温泉に浸かり疲れを取り帰宅となりました。走行距離は30.7キロメートルでした。