22チームが「初蹴り」楽しむ~大阪Foot a 7大会

 前回大会は昨年の2月11日(祝)に同じく鶴見緑地球技場で行いましたが、大雪で大会史上最悪なコンディションだったと言う記事を投稿したのを今でも覚えています。しかし、今回は晴天で寒さも幾分おさまり、絶好のコンディションで大会を行えることとなりました。
 年明け最初の日曜日、大方のチームが初蹴りとなりチームの始動には、もってこいの大会だったのか女子8チーム、一般男子6チーム、OVER35が8チームの計22チームが参加という1day大会としては最も参加チームが多い大会となり大盛況でした。
 当日の設営から運営に関しては細かく指示を出さずとも皆、率先して協力してくれるので、本部席に常駐することなく女子の試合をニヤニヤ・・いや!微笑ましく(笑)観戦することができました。

 Foot a 7の基本理念は『プレーを楽しむ事を主として行われるスポーツであり勝利を望むことより、楽しむ事を主眼とする』であり、これに沿って試合をしているのは女性陣だということを毎回のことながら痛感し、男性陣は勝つことへの執着心が強すぎると思いました。
 今回は大阪での単独開催にもかかわらず自腹を切り、遠方から参加しグラウンド設営から片付けまで手伝ってくれた関東メンバー4氏(有吉・野村・松野・長井)、いつも当然のように手伝ってくれる大阪のチームの方々、この場を借りて感謝いたします。 皆さんがいるからこそ大会が行えますので今後とも、宜しくお願いいたします。おおきに、おおきに(^o^)(大阪府サッカー協議会・富田晃矢)