大山崎町役場―京都市役所間(32km)完走~京都平和マラソン

1fa32s1f3a13fda.jpg 2016年6月19日(日)に大山崎町役場から京都市役所前まで、「第35回京都反核・反原発・平和マラソン」が開催されました。当日は雨が止む時間もありましたが、強く降り続けるあいにくの天気となりました。しかしランナーは雨にも負けず走り続け、金閣寺や大徳寺、大文字の麓と京都の名所、旧跡、日本の歴史の舞台となった街並みを「核兵器をなくせ!」「原発をなくせ!」「被爆者援護」「戦争反対」をスローガンにアピールをしながら走り続けました。
 大山崎町から京都市役所までは京都特有のアップダウンもありましたが、当日は11人のスタッフの運営の下、23人のランナーが走り、10人が完走しました。小学生ランナーも参加し、雨の中を力強く走りました。
132f1as31fa321fa.jpg この平和マラソンの大会前にアメリカのオバマ大統領が現役の大統領として、広島と平和公園を訪問し、被爆者とも語りスピーチを行いました。反核に向けてこの発言がこの大会の後押しになったと言えます。人々の反核、反原発、平和に向けて一歩ずつの歩み寄りが大切だと感じられました。
 京都市役所に到着し、反核、反原発、平和への訴えをした後は、銭湯で汗を流し、そのあと行われた交流会では疲れを癒しあいました。ランナーからの感想「雨の中のマラソンでしたが前日のカンカン照りに比べると走りやすいコンディションでした。(完走者)」