西日本豪雨被害への義援金のお願い

7月7日から、北陸から九州に停滞した前線が台風7号により活発化し、各地で土砂崩れや河川の増水・氾濫など同時多発的に起こり、被害が拡大し13府県で170人(11日現在)以上の死者を出しています。
被害に遭われた方々や被災地域の皆さまにお見舞い申し上げます。

気象庁から11府県に発令された大雨特別警報は、190万人以上の人々への避難指示となりました。また、広範な地域での被害でライフラインは寸断され、1万人を超える方々が避難生活を送っています。しかし、被害の全容はいまだに把握ができていない程です。

全国連盟では、関係府県の被害状況把握に連絡を取り合いました。また、「被害の状況はどのようになっているのか」との問い合わせも寄せられており、被害に遭われた地域の各連盟にSNSなども含めた「情報提供」の要請と会員の状況把握に努力していただいています。

大変広域にわたる被害のため、スポーツ連盟会員の状況把握には時間を要するものと推察されます。しかし、甚大な被害はあきらかですから少しでも早く被災された会員や被災者への支援を行うために義援金を呼びかけることとしました。

お寄せいただいた義援金は、被災された会員や被災者への復興支援に全額活用していきます。ご協力をお願いいたします。

2018年7月  
新日本スポーツ連盟
会 長 和食昭夫
理事長 石川正三

〈送金先〉
郵便振替=口座番号 00110─1─56939 名義・新日本スポーツ連盟
*「豪雨災害義援金」と明記ください




ARCHIVES
【第33期顕彰】30年または50年以上在籍クラブを表彰(2019.10.30)
今期も、長きにわたり新日本スポーツ連盟で活動を継続してきたクラブを顕彰する取り組みを行います。今回は、30年または50年以上スポーツ連盟に在籍しているクラブが対……

顕彰クラブ一覧(在籍30年以上の加盟クラブ)(2019.10.21)
新日本スポーツ連盟は、さまざまな困難にあいながらも、地域に根をはったスポーツ活動を粘り強く続け、発展を遂げてきました。その原動力となったのは、スポーツ連盟を支え……

マラソン・競歩の会場変更「適切な提案」―オリパラ都民の会が談話発表(2019.10.18)
2019年10月17日に国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が東京五輪のマラソンと競歩の会場変更を合意したことをうけて、「2020オリンピック・パラ……

韓国市民スポーツ団体から「連帯のメッセージ」(2019.09.17)
2019年9月2日、スポーツ連盟と協力関係にある韓国の市民スポーツ団体、韓国体育市民連帯からメッセージが届きました。韓国と日本の関係が険悪な状況となるなか、「全……

あの日と同じ暑い日に~2019反核平和スポーツのつどいin 広島(2019.08.06)
2019年8月3~6日、広島県内各会場で「2019反核平和スポーツのつどいin広島」が開催されました。 ▼スケジュール 8/3(土)平和大好き卓球大……