対神奈川県交渉(スポーツ分野)にて スポーツ連盟は「スポーツ団体」ではない?!

2019年11月15日、産業貿易センタービル会議室で教育・文化・スポーツ分野の対県交渉が行われました。以下、交渉内容です。

〈 はじめに 〉 再整備後の県立体育センターの運営について、その主体は県が行うが管理業務等についてはミズノグループが出資設立した「神奈川スポーツコミュニケーションズ株式会社」が行うことが明らかになっています。この新会社がどこまでの権限を持つのか、県の公共施設としての公共性や公平性がどう担保されるのか、その点を今後の課題として検討を要望しました。
〈 質問 〉 来年4月から運用が再開される県立体育センターの優先利用団体説明会が9月に行われましたが、この説明会の案内の通知はどのように行ったのでしょうか。というのは新日本スポーツ連盟にはこの通知が来なかったのです。それはなぜなのでしょうか。
〈 保健体育課 安田氏の回答 〉新しい優先基準のルールにおいての「スポーツ団体」そして普及団体につきましては説明会の連絡を致しました。それ以外の公共団体等につきましては、ホームページによって説明会の開催のお知らせをさせていただいております。
〈 再質問 〉 その優先基準のルールの中でスポーツ団体の規定がされていますが、新日本スポーツ連盟はどこに該当しますか。また新日本スポーツ連盟が行う関東大会以上の規模の大会はどこに該当するのでしょうか。
〈 回答 〉 基本的には県市町村等、県の競技力を統括するスポーツ団体を優先的に考えています。種類としては、特別優先、第一優先、第二優先があります。県や県の競技力を統括するスポーツ団体などが主催する大規模な大会は特別優先です。第一優先は、公共的団体が主催する青少年や障がい者を対象にした大会、第二優先は公共的団体が主催するものとなっております。新日本スポーツ連盟は第一優先の公共的団体が主催する行事、第二優先にもあたりますので第一優先、もしくは第二優先になります。
〈 再々質問 〉第一優先もしくは第二優先になるということですが、(同じ優先団体なのに)説明会に呼ばなかったのはどうしてですか。
〈 回答 〉 新日本スポーツ連盟はスポーツ団体ではありません。公共的団体という位置付けでございます。文書を送らせて頂いたのは、スポーツ団体という定義の団体ですので、公共的団体につきましてはホームページでのご案内になります。

〈 最後に 〉 なぜ新日本スポーツ連盟がスポーツ団体ではないのか、(偏った規定の)「スポーツ団体」だけに説明会の通知をするように決めた理由が理解できないこと、我々も半世紀以上にわたって県民のスポーツの普及と発展のために活動してきたスポーツ団体であり、このような差別的な扱いはまったく腑に落ちないし侮辱された思いだ、ということを告げて終わりました。(神奈川県連盟「月刊かながわスポーツ」より)

GDE Error: Requested URL is invalid