悪条件の中過去最大のエントリー~全国スキー競技大会

全国スキー競技大会は、2010年3月6日大回転、7日回転競技が、戸狩温泉スキー場において行われ、現地スキー場の積極的対応がえられました。大会は2日間とも小雨模様で、雪質も緩み選手にとっては厄介なコース条件となりましたが、参加者は19都道府県から回転184名、大回転211名のエントリー、役員39名も含めると両日で473名の大会規模となりました。久々に北海道からの参加もあり盛り上がりを見せました。
また、参加の増えたことなどがエントリー増につながっています。都道府県でみると、東京の参加者数の多さ、北海道からの参加、滋賀県の参加者増などが特徴としてあげられます。大会運営では、昨年の総括をいかした主管ブロックの努力が、役員配置などに見られ、今後に生かすことができる大会でした。
 大会1日目の大回転は1本目(地蔵コース)と2本目(ツルブリッケンコース)で行われ、おおむね好評なコースセットで時間ロスもなく、順調に運営されましたが、雨模様の天候やバーンの荒れたことが重なり、3名のケガ人がでたことは残念でした。
 2日目は回転競技がツルブリッケンコース下部で行われました。雪質が緩いため、インスペクションでウエーブができ、コース作りに地元コース係の奮闘もありましたが、それを超えた雪質の緩みの中での競技となりました。(「全国スキー協通信」より)




ARCHIVES
全国スキー競技大会に約80名が出場(2020.03.01)
2020年2月29日~3月1日、長野県・戸狩温泉スキー場で「第46回全国スキー競技大会」が開催され、約80人が参加しました。結果は以下の通りです。 ……

新雪&深雪まで志賀高原をenjoy―第42回Osakaスノー祭典(2020.02.09)
2020年2月6日~9日、「第42回Osakaスノー祭典in志賀高原」が開催されました。宿舎はホテル山楽にて。天気は快晴から曇り雪と最終日は新雪&深雪まで、……

雪不足も楽しく滑る―福岡県スキー協スノー祭典(2020.01.26)
2020年1月25~26日、島根・瑞穂ハイランドスキー場で「福岡県スキー協スノー祭典」が開催されました。ゲレンデに上がると、滑れるのは「ビーチ」コースのみで、あ……

「スポーツは平和と共に」をアピール―スキーフェスタin志賀高原(2020.01.20)
2020年1月17日から3日間、石川県勤労者スキー協議会の一大イベント「スキーフェスタin志賀高原2020」が開催され、金沢発のバスに33人が乗り込みま……

ポール体験で歓声がわく―第30回いわて冬の学校(2020.01.11)
30回目を迎えた「いわて冬の学校」は、盛岡市の後援のもとに2020年1月10日(金)~11日(土)の2日間、日帰りで開催されました。雪不足で心配された八幡平リゾ……