京都府連盟が創立50周年記念のつどい

IMG_17842017年3月20日、「京都府連盟創立50周年記念のつどい」が行われ、13人の来賓の方々を含む51人が参加しました。

IMG_1781「つどい」は、川島宏理事長のあいさつで始まりました。来賓を代表して、和食昭夫全国連盟会長は、過去に全国連盟の不手際があり、府連盟から強く説明を求められ京都まで来た事例をあげて、「京都府連盟が全国連盟の活動に対しても常に真剣に取り組んできた」と、懐かしい話として笑いを交えて語りました。

岩本隆京都府立体育館館長からは、日ごろ卓球や家庭婦人バレーボールが利用していることへの謝辞とともに、「いつでも、どこでも、だれでも」がスポーツに取り組めることをうたう京都府連盟への共感の言葉をいただきました。

山根智史京都市議会議員は、府市民の施設が不足している一方で問題が山積する無駄な公共事業が押し進められていることへの批判と、「府民が主人公」として取り組む府連盟への期待を語りました。

京都府連盟・元理事長の森田博さんの発声による乾杯で宴がスタートしました。来賓の皆さんからの祝辞の他、松岡陽治前事務局長など、長く府連盟に関わりのある方から懐かしい話が語られました。

とりわけ森田元理事長からは、「府立体育館設立は、我々の粘り強いスポーツ要求に基づくものだった」と当時の詳細が報告され、多数を巻き込んだ要求運動の重要さを再認識させられました。

参加した全種目からの近況報告の後、冨田良一副理事長の挨拶と三本締めでお開きとなりました。




ARCHIVES
スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(福岡)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(兵庫)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(静岡)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(東京)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(宮城)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……