延べ70数名の参加で盛り上がる~第2回関東ブロックセミナー

DSC_160633333.jpg2016年9月3日~4日、千葉県佐倉市・草笛の丘で2014年以来2回目となる「新日本スポーツ連盟関東ブロックスポーツセミナー」が開催されました。

P1150004321.jpgセミナー第1講義は「メンタルトレーニングとは?」。国士舘大学大学院スポーツシステム研究科、スポーツメンタルトレーニング指導士の資格を持つ秋葉茂季氏による約2時間にわたる講義の中で氏が強調されたのは、いかに自分の弱点に気付きどのように対処するか、緊張することを決してネガティブにとらえてはいけないと。(ともすれば悪いほうに、悪いほうに凡人は考えるものですが。。。。)

講義の後半、とっておきのリラックス方法(リラクゼーション)を教えて頂きました。それは「漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしたんほう)」という技法。筋肉の部位である腕→頭部→体幹→足の順番に安静→随意収縮(6秒間)→弛緩(26秒間)を繰り返すこと。この方法で大事なことは、指定された部位のみに力を入れ、弛緩時に力が抜けていく感覚をよく感じることだそうです。

秋葉氏いわく、このリラクゼーションで心と身体がくつろいだ状態が醸し出され、試合の直前でも有効とのことでした。是非お試しあれ!

DSC_15791321321.jpg1日目後半はスポーツ交流会。ソフトバレーに12名(4人制3チーム)、ウオーキングに20名がそれぞれ参加。ソフトバレーは当該施設内体育館で3チーム総当たり戦(21ポイント・1セットマッチ)を行い、結果は萩原理事長チームが優勝。一方、ウオーキングは草笛の丘周辺を散策する森林浴や印旛沼の眺望を望む約4㎞のコースに汗を流しました。

DSC_159832132132131.jpg夕食後の交流会は参加者全員にスポーツ連盟とのかかわりあいを含め近況を語ってもらいました。その中には今後の活動に生かせ、かつ勇気づけられる報告もありました。その後アコーデイオンとハーモニカの伴奏による歌声ライブ。「久々に大きな声で歌うことができて楽しかった」と参加者からも絶賛の声が上がりました。

二日目のセミナー第2講義は「スポーツ権の時代の新日本スポーツ連盟を考える」と題して和食スポーツ連盟会長による1時間半にわたる密度の濃いセミナー。新会長の熱弁でのキーワードは「スポーツ基本法にのっとり」をベースに今後のスポーツ連盟のあらゆる活動を図る必要があるとのことです。

「スポーツ基本法」成立後の私たちを取り巻く環境に大きな変化が出ています。例えば岐阜県可児市でのソフトボール競技の地元体協団体との共催、新潟県でバレーボール全国予選会が新たに開催に向け準備が進んでいることがあります。ただ、この流れに逆流する動きや現実もあり手放しで喜ぶわけにもいきません。要は「基本法にのっとり」スポーツ連盟の諸活動を進めることが今後のスポーツ連盟の活性化につながる。これが会長のもっとも言わんとしたいということが参加者の胸にストンと落ちる講義でした。

和食会長いわく「一夜漬けの感強かったが・・・」なかなかどうして中身のある講義でした。もっと時間をかけてじっくりと会長の話を聞きたかったとの声も聴かれました。講義終了後、参加者全員に修了書が手渡され、2年後の再会(次は神奈川県連盟が主管です)を約して解散となりました。




ARCHIVES
スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(福岡)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(兵庫)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(静岡)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(東京)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……

スポーツ連盟・ウォーキングクラブの 春爛漫ウォーキング(宮城)(2020.05.25)
新型コロナウイルスの影響で各種イベントの中止が広がるなか、スポーツ連盟のウォーキングクラブはそれぞれ創意工夫を凝らしながら歩いています。こういうときだからこそ、……