スポーツの楽しさを広げるために~岩手でスポーツシンポジウム

2009年10月18日、「エスポワールいわて」にて「いわてスポーツシンポジウム」(岩手県連盟主催)が開催されました。岩手県内のスポーツ愛好者・指導者など約40名が参加。「岩手県民にスポーツの楽しさを広げるために」をテーマに、活発な討論がされました。
 川村勝さん(県連盟事務局長)がコーディネーターをつとめ、パネリストの橋本久さん(登山家・7大陸最高峰登頂者)、高橋薫さん(岩手県生涯スポーツ推進委員・富士大学教授)、浅沼道成さん(岩手大学人文社会科学部准教授)、永井博さん(新日本スポーツ連盟会長)の4名が発言。橋本さんは「スポーツは、誰かに見てもらえるからこそ続けられる。私も、共感してくれる人が誰もいなかったら、エベレストに行かない。スポーツを続けるには、ほめてくれたり関心を持ってくれる存在が大事ではないかと思う」と話しました。
 高橋さんは、自身のバレーボール指導経験を語りながら、「指導者の考え方や理念が、選手(子どもたち)の育成に大きく左右する。多様な人間関係を構築できる人になるために、スポーツがある、という考え方で指導してもらいたい」と強調しました。
 また、浅沼さんは、県内での総合型地域スポーツクラブを推し進める活動の実体験をふまえ、「場所によっては”既得権”の存在もあり、昔からそこでスポーツをしている人たちに入り込んで、新しいクラブをつくるには困難なことが多い。スポーツ環境は各地域でさまざまなので、岩手県内のスポーツ振興を一律に考えてはいけないと痛感している」と述べました。
 岩手県連盟理事長の伊藤司男さんは「このスポーツシンポジウムは、岩手県の歴史はじまって以来初めてのこと。今回の資料は、大変な重みがある。これからも皆さんの声を参考にしながら、岩手のスポーツのために頑張っていきたい」と語りました。




ARCHIVES
各地の大会行事での新型コロナウイルス感染症対応について(2020.03.31)
新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、「全国一律の自粛要請をおこなうものではない」が、「全国的スポーツ、文化イベント等については、 今後2週間は、中止、延期……

全国スキー競技大会に約80名が出場(2020.03.01)
2020年2月29日~3月1日、長野県・戸狩温泉スキー場で「第46回全国スキー競技大会」が開催され、約80人が参加しました。結果は以下の通りです。 ……

茨城卓球協議会が設立―ホームページも開設(2020.02.24)
2020年2月24日龍ヶ崎市たつのこアリーナ控室にて茨城卓球協議会第1回(設立)総会が開かれました。 茨城県でのスポーツ連盟の卓球大会は2002年取手市体育館で……

360チーム810人が熱戦―全国卓球大会年代別の部(三重)(2020.02.23)
2020年2月22日(土)~23日(日)三重サオリーナで「第55回全国卓球選手権大会年代別の部」が開催されました。今大会には34都道府県から、団体戦に360チー……

新雪&深雪まで志賀高原をenjoy―第42回Osakaスノー祭典(2020.02.09)
2020年2月6日~9日、「第42回Osakaスノー祭典in志賀高原」が開催されました。宿舎はホテル山楽にて。天気は快晴から曇り雪と最終日は新雪&深雪まで、……