岩手県と3回目の懇談~被災した施設の復旧を早急に!

スポーツ連盟岩手県連盟は2年に一度、岩手県知事に対してスポーツ関連の要望書を提出して、懇談の場をもってきました。12年度、14年度に引き続き、3回目として今年度は2017年2月17日に「県民のスポーツ環境の改善に関わる要望について」を提出しました。

懇談については教育長、スポーツ健康課長が出席をして、スポーツ連盟の要望の説明に対し、県側から質問と若干の見解が述べられました。

双方の共通の認識として、東日本大震災から6年余にわたる復興事業について、①国の十分な対応が欠くなかで、県は被災者と県民に寄り添う姿勢で成果を上げてきたこと、②「2016希望郷いわて国体」と「希望郷いわて大会」が、多くの県民による協力と全国からの被災者支援の後押しを受けて、所期の目標以上の成果をあげることができたこと、がありました。

特に国体については、当初、県が「震災復興に寄与できるような、先例にとらわれない、新しい『岩手型国体』にしたい」としていたことが、かなりの程度実行できたことが成果として挙げられます。

私たちの「被災したスポーツ施設の復旧を急ぐ必要がある」という主張に対しては、一部の施設については、「復旧実施計画」に基づいて「移転復旧が可能」とする文科省見解が示され、事業を実施するとのことでした。文書回答をするとの確約を得ていますので、その回答を待って内容の評価を行うことにしています。




ARCHIVES
スポーツ連盟和歌山県連盟が県スポーツ課と懇談会を開催(2017.10.25)
2017年10月25日、和歌山県庁で、県スポーツ課の方とスポーツ行政についての懇談を行いました(県とは2回目)。出席者は 、県側からは 和歌山県教育庁生……

埼玉県議会各会派に 防災ヘリを有料化しないよう要請~日本勤労者山岳連盟(2017.03.15)
3月27日埼玉県議会で、防災ヘリで救助された登山者などから料金を徴収する条例改正案が可決されました。この改正の理由は、「防災ヘリ有料化により登山者の注意が喚起さ……

岩手県と3回目の懇談~被災した施設の復旧を早急に!(2017.02.17)
スポーツ連盟岩手県連盟は2年に一度、岩手県知事に対してスポーツ関連の要望書を提出して、懇談の場をもってきました。12年度、14年度に引き続き、3回目として今年度……

スポーツ庁と意見交換~スポーツ施策・ 予算に関する 要望書を提出(2017.02.06)
2017年2月6日、新日本スポーツ連盟と日本勤労者山岳連盟は、スポーツ庁・鈴木大地長官宛に「2017年(平成29年)度の国のスポーツ振興施策とスポーツ関連予算案……

文書にて回答あり~愛知県・名古屋市スポーツ課から(2017.01.30)
2016年12月、新日本スポーツ連盟愛知県連盟が大塚晃司理事長名で愛知県と名古屋市のスポーツ課に文書で要望した項目について、文書で回答がありました(以下概要)。……