蒼空のもと 乗鞍岳 標高差1200mを滑る~全国スキー協山スキー部

シーズン納め恒例の乗鞍岳交流山スキーは、2017年5月13~14日に行われ、滋賀・ブラッファーズ10人をはじめ計16人が参加、無事に終わりました。

5月14日、快晴。10時20分、グループごとにシール登高スタート。標高差100mほどの急坂で一汗流すと位ヶ原の上部に出て、蒼空のもとに展開する乗鞍岳を見渡せます。雪に埋もれた車道を越えて、トイレの建屋を右下に見ながら、大雪渓を3000mの白い稜線目指して登って行く。先行パーティーは正午前には稜線に達し、予定より早く12時20分に大滑降スタート。



白い大斜面を、歓声をあげて滑る。この最大の楽しさのために、汗を流し登ってきたのです。滑降、集結を3回ほど繰り返して、集合地点の大雪渓下部、トイレ建屋横に全員が集結、記念撮影。この後は、位ヶ原の緩やかな雪原を滑り、スキー場最上部へと林間の腐れ雪を滑る。ここの滑りは小回りターンや横滑りも多く、技術の差で疲労度も違ってくるところです。14時、標高差1200mの大滑降を終了。全員満足気な笑顔で散会しました。




ARCHIVES
全国勤労者スキー協議会が「創立50周年記念ウィーク」を開催(2019.03.10)
2019年3月1~3月10日、日本スキー発祥の地・新潟県上越市高田地域に近い「キューピットバレイスキー場」で「50周年ウィーク」と題した総合型イベントを開催しま……

FSGT(フランス勤労者スポーツ・体操連盟)スキー代表団が金沢で交流(2019.03.06)
フランスのFSGT代表団(ベルナール・デルガド、アルノ・ベルティエ、グザビエ・ギシュナル氏の男性3名)が3月5~6日、金沢市を訪れました。 5日の夕方に金……

50周年ウィークのトップ行事「スキー競技大会」が盛大に開催!(2019.03.03)
2019年3月2~3日、「第32回全国スポーツ祭典・第45回全国スキー・スノボー競技大会」が上越市の雪だるま高原キューピットバレイスキー場で開催されました。2日……

好天に恵まれ多くのドラマが~全国スキー・スノボ競技大会(2018.03.04)
2018年3月2日~4日、戸狩温泉スキー場で「第44回全国スキー・スノーボード競技大会」が開催されました(後援;飯山市・飯山市教育委員会・戸狩温泉スキー……

志賀高原の雪を存分に楽しむ~千葉県スキー祭典(2018.02.12)
2018年2月10~12日、志賀高原スキー場で「第53回千葉県スキー祭典」が開催されました。ベテランコーチによる「スキーは初心者でも上級者でも緩斜面でも急斜面で……